フラシ芯について

投稿者 : 山本友弘 on

SHUTTLE NOTES フラシ芯の襟 白シャツボタンダウン

シャツの襟を美しい形状に保つには、襟の中に芯を入れて生地にコシを与える必要があります。 その方法には「接着芯」と「非接着芯」の2種類があるのですが、日本では、90%が接着芯を使用していると言われます。
接着芯は、生地に芯地を半永久的に接着剤を使用して接着してしまうものを指します。お手入れが楽になるメリットがある反面、襟が硬い質感になる為、生地本来の風合いが失われてしまいます。

Shuttle notesのシャツがフラシ芯を採用する理由はここにあります。

昔ながらのフラシ芯のその柔らかな風合いは接着芯のものでは得ることが出来ません。そして首周りに馴染む着心地も、比べ物になりません。

フラシ芯は縫製が難しく、高い縫製技術が無いと実現出来ない仕様であり、生産効率も悪いものですが、 それでもこの仕様を採用するのは、より良いシャツを作りたいという私たちの強い意志です。