フラシ芯について

投稿者 : SNMCStaff on

SHUTTLE NOTES フラシ芯の襟 白シャツボタンダウン

シャツの襟を美しい形状に保つには、襟の中に芯を入れて生地にコシを与えなければなりません。 その方法には「接着芯」と「非接着芯」の2種類がありますが、日本では、90%が接着芯を使用していると言われます。
接着芯は、生地に芯地を半永久的に接着剤を使用して接着してしまうものを指します。お手入れが楽になるメリットがある反面、襟が硬い質感になる為、生地本来の風合いが失われてしまいます。

Shuttle notesのシャツがフラシ芯を採用する理由はここにあります。

昔ながらのフラシ芯の柔らかな風合いは接着芯では得ることが出来ません。そして首周りに馴染む着心地も、比べ物になりません。

フラシ芯は高い縫製技術をもつ工場でしか作れない非効率な縫製仕様です。それでも採用するのは、生地だけでなく、縫製面でも一流を作りたいと考えたからです。